風俗店のかけもちは可能か?

他の職種と風俗のかけもちをしている人は多いです。お昼はOLとして働いており、夜は風俗で働くことを検討して、すすきののお店が出す求人に応募している女性も増えています。しかし風俗同士のかけもちとなると、少々話が面倒になることが多いですので覚悟しておきましょう。

ほとんどが禁止になっている

綺麗な花これはすすきのに限られたことではなく、全国共通して言えることになります。お店同士のしがらみも発生することから、お店に良いことはほとんどありません。よって禁止になっています。

風俗で働くことは肉体労働を同じになり、体力はもちろん精神力も試されます。それを1日通してやることはとても難しいことです。それに耐えることができる女の子も少なく、やる気がない女の子をお店が雇う理由もないことから、ほとんど禁止になっていることは理解しておきましょう。

たまにOKなすすきのにある求人

風俗嬢こちらもすすきのの求人に限られた話ではありませんが、たまに風俗のかけもちがOKなところもあります。よほどオーナーの理解力があることの表れになるでしょう。ただし先程も書いたように、非常に体力と精神力が必要になることから、並大抵の女の子は兼任することができません。その覚悟を持って風俗のかけもちをするようにしましょう。

ただし求人には「風俗のかけもち」について記載されているケースがとても少ないです。他の職種とのダブルワークを歓迎しているお店は多いですが、風俗とのかけもちを全面的に押し出しているお店は少ないことから、交渉が必要になるでしょう。

黙ってかけもちをするのはやめよう

風俗で稼ぐ女性もっともしてはいけないことは、お店に黙って風俗でかけもちをすることです。お店同士のしがらみに発展することもあり、発覚した場合はすぐに解雇されるようなことも。お店にとっても、そして働く女の子にとってもプラスになることはありません。

求人でも風俗同士のかけもちを容認していることを全面的に押し出しているお店が少ないことから、見つけることも苦労するでしょう。どうしてもその必要性があるのであれば、面接時にはっきりとさせておきましょう。

風俗でかけもちをしたときのメリットとデメリット

メリットとしては稼ぎやすくなります。経験を積める女の子は稼ぎやすいのが風俗の特徴ですので、昼も夜もやっているのであれば、お客さんのリピーターの数も増えることから稼ぎやすくなるでしょう。ただし風俗のダブルワークですので、そのリスクはあります。

デメリットは疲れることです。いわば肉体労働になるのが風俗嬢になりますので、非常に体力が削がれます。それを昼と夜通じて行うことは、とても辛いことが予想されます。たとえジャンルが異なるお店で働くかたちのかけもちであっても、キャラづくりに苦労することもあるでしょう。

テクニックは身に着けることができるでしょうが、お店のジャンルが異なると、キャラづくりに苦労することになり、中途半端なプレーになってしまうことも。そうなるとリピーターも数もつきにくくなり、結果稼ぐことができないといった悪循環に陥ることも考えられます。

必ず求人内容を確認しよう

どちらにしろ風俗のかけもちを容認しているお店というのは、とても数が少ないです。そのかたちを求めるのであれば、必ず確認をしておきましょう。そうすることによっていざこざを生むことなく、気持ちよく働くことができるでしょう。ただできたとしても、気持ちの整理はしっかりと付けておくことをおすすめします。

風俗求人札幌
■https://www.kosyunyu.com/hokkaido_tohoku/sapporo/