かけもちで風俗で働くことのリスク

風俗店でのかけもちはNGになるケースが多いですが、他の職種とのかけもちで働いている女の子も多いです。すすきのでも求人ではかけもちをOKとしていることも多く、働きやすい風俗店もあります。ただしかけもちで働くことのリスクについて理解しておくべきです。

身バレが起きやすい状況下になる

いろんな人と顔を合わせる仕事をしている女性は特に注意が必要です。それだけ身バレが起きやすい状況下に陥ります。極端な話になれば、同僚がお店にくるようなことも。後で問題になってお昼の仕事に居づらくなり、退職になるケースもあります。そのリスクについては十分理解をしておくべきです。ほとんど運が左右します。

税務上夜に働いていることがバレることも

マイナンバー制度によって、風俗で働いた金額も国にわかるシステムが構築されつつあります。これによって夜働いていることがお昼の職場で発覚するようなことも。これを防ぐには、夜の分は自分自身で確定申告を行うことです。夜の仕事で管理している人に聞けば、教えてくれます。あとはネットなどを活用してバレない税務上の調整をしてください。

体力を使う仕事になる

風俗嬢とは肉体労働です。根気がいる作業になりますし、精神的にもダメージを受けることも多いです。それによってお昼の仕事に影響が出ることも。だからこそ調整をしてください。夜は週に3日ほど、土日限定など制限を掛ければ、かけもちもしやすくなるでしょう。

工夫をして風俗のダブルワークを行おう

風俗自体働く女の子の都合に合わせてシフトを入れやすい職種になっていますので、働く側が工夫をすれば風俗のダブルワークはうまくいきやすいです。効率よく働き稼ぐことを検討しましょう。

関連する記事